料理をおいしく作るポイントが知りたい… 料理好きではない主婦が手間なくおいしい料理を作るには。

こんにちは。

 

勝間和代さんの書籍を読んで、勝間さんが参考になったという料理人・水島弘史氏の書籍を3冊ほど読んでみました。

読んでみて、料理をおいしくするポイントは、ひと手間、弱火と感じました。

料理はやっぱりひと手間がおいしさを変えるというのは分かりました。

 

でも、そこまでの味をを求めずに最低限の手間で、ある程度のおいしさの料理をするにはどうすればいいか…となると、あとは火加減になりそうです。

「弱火」ですね。 最近は、ホットクックを使うことによって、火加減調整の手間から少し抜け出すことができました。

それでも、炒め物はプライパンを使うので火加減が大事。というわけで、負担がなくおいしい料理を作れるなら、主婦としてはうれしい限りと思い読み進めてみました。

 

料理をおいしく作るポイントが知りたい… 料理好きではない主婦が手間なくおいしい料理を作るには。

料理をおいしく作るポイントが知りたい… 料理好きではない主婦が手間なくおいしい料理を作るには。

手軽においしい料理を作りたい!水島弘史シェフの書籍3冊

基本的に、3冊で水島弘史氏が伝えたいことは同じ。

  1. 火加減の重要性
  2. 塩加減
  3. 包丁の持ち方・切り方

 

なので、どの本を選んでもいいかと思いますが、解説が多いのは2冊目「弱火コントロールで絶対失敗しない料理」と3冊目「100%下ごしらえで絶対失敗しない定番料理 (幻冬舎単行本)」でした。

以下、紹介は発行日順となります。

まず、1冊目「野菜いためは弱火でつくりなさい いつもの家庭料理が急に美味しくなる33のレシピ

 

 これは、ほぼほぼレシピ本です。解説も少なめです。同じレシピを使いまわしているので(作り方分量は多少違うかも)、あとの2冊を読むのであれば、これは読まなくてもイイかなと思いました。

 

 次は、「弱火コントロールで絶対失敗しない料理

 

個人的には、これが一番「なるほど~」と思いながら読めました。お肉が硬くなりやすいのも、調理の仕方一つなんですね。私は、大体加熱のしすぎなのだと思います。

うちのガスコンロは、点火すると強火のため、そのまま過熱してはいけなかったのです。なのに、あまり気にかけてなかったというのが反省点。

今後は、点火したらすぐに弱火程度まで下げるようにすることを意識します。 

 

3冊目は、「100%下ごしらえで絶対失敗しない定番料理 (幻冬舎単行本)」 

 

 

これは、定番料理編です。差し込み漫画が面白いのは、 「弱火コントロールで絶対失敗しない料理」でした。(そこか!!)

 

下ごしらえのひと手間で料理をおいしくする方法が書いてありますが、ズボラな私は「めんどくさい」と感じてしまいました( ;∀;)ごめんなさい。

 

感想&まとめ

人って、どれだけ「失敗する」のが嫌なのか…と思うようなタイトルの本が2冊もありますね。(苦笑)

 

料理は毎日のことで、回数が増えれば失敗することもあります。でも、家族は失敗した料理を食べてくれなかったりするし、食材もお金ももったいないと思うから、やっぱり失敗したくないんですよね。

欲を言うなら、家でもおいしい料理だって食べたい。

 

読んでいて思ったのは、「料理はひと手間が大事」ということ。

肉や魚の臭み消し、野菜を炒める前の下処理、あげ方、火加減などなど…!?

やっぱり料理人だけあって、こうした手間をかけておいしい料理を作っているのだなぁと感じます。※ちなみに、私は家で揚げ物はほぼほぼ作りません。

 

正直なところ、私がズボラなためか、このひと手間がすごく負担に感じました。

肉の臭み消しをするくらいなら、臭みのする肉は買わない(買ったスーパーでは同じ肉を買わない)ようにしちゃいます。

豚肉は、特に臭みを感じることがありますね。外国産の豚肉を買ったときに、すごく臭みを感じて食べづらかったものがありました。そのため、豚肉は国産を選ぶようにしたり、スーパーを選んで買ったりしています。

で、鶏の方が栄養的にも健康的にもいいので、最近は鶏肉率が高くなっています。

 

野菜の下茹では、悪くないかと思いました。下茹ですることできんぴらとかがおいしくなるなら、嬉しい限り。

 

そして、結論、手間のかかる料理はそもそも作らない(笑)

手間のかかる料理は、「料理好きでない私は作らなくてよい。」ということにします。

だって、料理をするよりも本を読んでいたいと思うわけですね。料理の時間が無駄と感じているのに、手間のかかる料理を私がしなきゃいけない理由はないんです。

 

なので、最低限の手間でおいしく作れるポイントをいくつかいただければそれで十分としました。

 

毎日毎日の事なので、頑張ったら続けるのが辛くなってしまうのです。

頑張らなくていい料理をしたいと思いながら、こうしてたまに書籍から知恵を拝借しています。

 

続☆ホットクックを買ったら、生活が変わるか?家事は楽になるか?

こんにちは。

 

ホットクックを使い始めて一週間。せっかく購入したホットクックを毎日活用しています。

 

sukoyakagurashi.hateblo.jp

 

その中で、感じた生活の変化についてお話しします。

 

続☆ホットクックを買ったら、生活が変わるか?家事は楽になるか?

 

まずは、ホットクックを使って一週間で作った料理の紹介です。

f:id:mami-ne:20210202111613j:plain

鶏と大根の煮物

 

 

f:id:mami-ne:20210208100337j:plain

麻婆ナス



 

f:id:mami-ne:20210208100550j:plain

キャベツとソーセージのコンソメ煮(手動)

 

f:id:mami-ne:20210208100640j:plain

豚肉のトマト煮

 

f:id:mami-ne:20210208100715j:plain

ふかし芋(蒸し)

 

f:id:mami-ne:20210208100747j:plain

イワシのさっぱり骨まで柔らか煮

 

 

f:id:mami-ne:20210208100823j:plain

肉じゃが(鶏肉で代用)

 

合計7品。

 

ホットクックで作っても、料理は十分においしい

自動料理機を買う前は、煮物系は活力なべで作ることが多かったのですが、水分量が多くなってしまうのが難点でした。

ホットクックにすると、無水調理ができるようになったので、なべに入れる水分は調味料くらい。あとは、野菜などの具から出る水分でいい感じになります。

肉じゃがだって、水を入れずに作っても水分はしっかりとあります。

 

レシピに記載されている味付けには、もちろん好き嫌いがあるでしょう。今のところ、口に合わないというレベルのモノはありません。

 

肉じゃがは、以前ならめんつゆで作っていたものを、しょうゆ・酒・みりん・砂糖で作りました。

 

イワシの煮物は、一番よくできたと思います。夫が内臓を取り出すことを条件に購入。

魚はさばくのが嫌で、一匹単位で購入することがほとんどありません。

ですが、作ってみたら缶詰以上にいいお味。イワシも脂がのっていておいしかったです。ご飯のお供にピッタリな品でした。

 

ふかし芋も、セットしてから散歩に行き、帰ってきたら完成していました。おかげでおやつにふかし芋を食べられました。

 

夕飯づくりで楽になったと思う点

正直、ホットクックに具材と調味料を一緒に入れられるのがすごい楽。

具材をどんどん切って、内窯に入れて、調味料を入れたら、作りたいレシピをセットしてスタート♪ それだけなのです。

完成するまでの間に、味噌汁やサラダなどを作ります。途中で、火加減や水加減などを気にする必要がないのがすごくいいですね。

 

煮物ってなかなか難しく、大根とか中まで味をしみこませるのが大変だったりしますが、その難題もクリアした感じがします。

 

あとは、ふかし芋がすごく簡単にできたことも感動です。お菓子を食べない代わりに、お芋は食べます。これも、洗って切ったら蒸しざるに入れて、お水を入れてセット。

蒸し時間は20分にしてみたら、中まで柔らかくなっていました。

 

生活リズムを変える必要があると思った点

とても便利なホットクックなのですが、当たり前ですけどレシピによって料理時間が全然違います。

肉じゃがは、40分くらいですが、イワシの柔らか煮は2時間半!!

便利にしてくれるけど、仕込み時間が遅ければそれだけ料理の出来上がりも遅くなります。

なので、私の場合

  1. 午後3時か4時に一度下準備をしてホットクックをセット
  2. 5時過ぎてから他の料理を作り始める

くらいにしないと6時に夕飯を食べられなくなります。夏場は、お肉料理とかどうなんだろうか…

 

予約調理もできるのですが、レシピによりけりというのが分かりました。なので、ちょっと逆算しないとな~。

夕食づくりのとりかかりは、ホットクックに限ってのことではないのですが、もう少し変えなきゃいけないと思う点であります…

 

まとめ

料理上手ではない私からしたら、煮物作りは圧倒的にホットクックに頼るが正解の様でした。

火加減の手間がなくなるのは結構大きいです。そして、ホットクックに一品任せている間に、味噌汁や炒め物・サラダなどの品を作ることができます。

 

ホットクックがなくても、いくらだって作れる料理上手さんもいるでしょうが、私は料理しているなら、他のことに時間を使いたいので、一つ火を手放すことで時間ができたと思います。

 

 

プロテインドリンクとプロテインバー、どっちがいいの? 小食&筋肉が付きにくいアラフォー主婦の筋トレ&タンパク質補給

こんにちは。

 

時折、体脂肪を減らしたいと思います。

数年前は20%台だったのに、ちょっと体重が増えたタイミングで23%くらいになり、22%台をここ数年はゆらゆらとしている状況。

別に太っているというほどではないけど、やっぱりお腹や太もも周りの脂肪が気になるくらいの体脂肪率なのです。

 

プロテインドリンクとプロテインバー、どっちがいいの? 小食&筋肉が付きにくいアラフォー主婦の筋トレ&タンパク質補給

プロテインドリンクとプロテインバー、どっちがいいの? 小食&筋肉が付きにくいアラフォー主婦の筋トレ&タンパク質補給

 

30代も後半になると、どんどんと体力が落ちて行っているのも感じます。

せめて体力をキープしたいけど、欲を言うなら体力強化&筋力強化(でもって、余計な脂肪撃退!!)です。

 

私は、骨格スタイル理論というものを勉強しました。人は生まれもった体の特徴があり、筋肉の付きやすさもその一つとされます。

 

私は、骨格ナチュラルなので筋肉が付きにくいタイプになるのですね。(なら、「このむちむちな太ももは何なんだ!!」と思いますが、これも生まれ持った特徴です。)

 

小食&筋肉が付きにくいアラフォー主婦の筋トレ

最近は、スクワットの習慣化を目指しています。

平日はコーヒーを仕事前に淹れるのですが、その待ち時間がちょうど4分ほど。

HIITという短時間の筋トレ方法にちょうどいい時間なので、この時間をスクワット時間にあてています。

 

スクワット20秒→休憩(ストレッチ)10秒 × 8セット

 

6セット位目で息切れがしてきます。その後の2セットを頑張りぬけば、おいしいコーヒーが飲めるんです♪

 

これは、割と習慣化しやすいと思います(^^♪ 

 

健康オタクにとって、プロテインはドリンクタイプとバータイプのどちらがいいのか?

プロテインを摂りたくなることが時折あります。小食な分、たんぱく質量も足りていないのではないかと思うからですね。

プロテインドリンクは、以前飲んだことがあります。

一番気に入ったのは、SAVASのリッチショコラ味

 

 

これは、溶けやすくて粉っぽくなく、甘めに作られていて飲みやすかったです。

デメリットは、出先で気軽に摂取できないこと。

たまに、フルタイムのお仕事に行くことがあります。割と動く仕事だし、午後は夕方まで何も食べられない。なので、お昼にプロテインでも摂取しておきたいなと思ったのです。

でも、ドリンクタイプだと持ち運びに不便…コンビニとかで200mlのプロテインドリンクも売っているけど、水分摂り過ぎるとトイレも近くなるしな~とか色々と考えてしまうのですね。

あと、水分としてプロテインだけでなく甘味料を摂るのもどうなのか…?とか(笑)

健康オタクならではなのかもしれません。(筋トレオタクとはまた違う目線)

 

そこで、目を付けたのがプロテインバー

持ち運びに便利。小腹が空いたときにさっと食べれる。ドリンクシェイカーも不要。

いいかもしれない!!

ということで、試しにあれこれと買ってみるわけです。

試したのは、

 3メーカーのものです。

 

たんぱく質量では、15g入っているのが

 

ブルボン プロテインバーは10gなので少ない。そして、けっこうおやつ感が強いと思います。

 

コスパは、

 ですね。ネットでは買えないかもしれません。イオン系列のスーパーで購入できます。1本あたり100円以下で、10%割りなどのお得になる日やクーポンを使って購入するとかなり安くなります。

 

味は、3種類でそれぞれな個性があります。

おいしくないかもしれない(笑)というか、このシリーズはすごく硬い。かなりしっかりした噛み応えが好きな人ならいいけど、別に甘いのが嫌いじゃなければビターでなくてもいいかと思いました。

ダークチョコは好きだけど、トップバリュ プロテイン15gバーチョコのビターは上手くない…

ノーマルなチョコ味の方が、おいしいと感じます。

 

おやつ感が強くてプロテイン量が少ないのでおいしいです。ほぼお菓子感覚。

私の筋肉強化の目的には合わないかなと感じました。

 

初めて食べた時は、パサパサしている感。ちょっと粉っぽいけど、慣れれば食べられます。中にパフが少し入ってて、多少のアクセントになっています。他の味もあるので、気が向いたら食べてみようかと…とはいえ、けっこうお腹にたまります。これを1っ本食べると他の間食は出来ません。小食さんが甘いお菓子を食べて小腹を満たしてしまうなら、プロテインバーを食べた方がいいかもしれません。

f:id:mami-ne:20210205112200j:plain

パフはそんなに多くは入っていないです。

楽天市場で箱買いしました。

 

 プロテインバーの方が添加物が多いのだけ気になる

しいて気になると言えば、プロテインバーに記載されている「ショートニング」。健康オタクとしては、あまり摂取したいとは言えない。

食用油脂でサクサク感を出すものなのですね。トランス脂肪酸が、この数年話題になっていますが、同じと考えていいかなという添加物です。まー、マーガリンも入っているしね。

【森永製菓 inバー プロテイン ベイクドチョコの原材料】
乳たんぱく、大豆たんぱく、植物油脂、ショートニング、ココアパウダー、砂糖、大豆パフ、マーガリン、アーモンド、全粉乳、脱脂粉乳麦芽糖カカオマス、アーモンドペースト、果糖/ソルビトール、トレハロース、乳化剤、グリセリン、香料、酵素処理ルチン、膨脹剤、ナイアシン、甘味料(スクラロース)、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12 

 

森永製菓のモノだけでなく、私が食したプロテインバーの原材料全てに記載がありました。

お手軽な半面の添加物。やっぱり、メリット・デメリットはあるので、どちらをとるか…ということになりそうです。

 

ちなみに、プロテインドリンクのSAVASリッチショコラ味の原材料が、

ザバス ホエイプロテイン100 リッチショコラ味の原材料】
乳清たんぱく、ココアパウダー、食塩、植物油脂、/乳化剤、甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、V.C、増粘剤(プルラン)、香料、V.B2、V.B6、V.B1、ナイアシン、V.D、(一部に乳成分・大豆を含む) 

 

少しだけ、原材料の数は少ないのだな~と感じます。サクサク感を出さなくていい分、ショートニングやマーガリンは書かれていません。でも、植物油脂はどちらも記載されていますね。

 

まとめ

添加物を摂取したくないというなら、プロテイン系食品は食べないでいいのではないか。で、ゆで卵を食べれば、割とタンパク質補給できます。(これが無理だから、プロテインバーを食しているわけだが)

 

しばらく続けて、飽きたらやめます。今年は、体脂肪20%台を拝みたい!!

 

何を食べるかは自由なので、ご自身の判断でお願いします。

 

 ↓ いろいろ試したい方向け

ホットクックを買ったら、生活が変わるか?家事は楽になるか?

こんにちは。

 

1月にホットクックを買いました。

我が家は4人家族、子供は小学生の男の子二人でよく食べるので5人前~6人前を作っています。

これからもっと育ちざかり食べ盛りになる子供たち+旦那の食事を作るのはけっこう大変で、少しでも楽しておいしい料理を作りたいし食べたい!という思いからの購入です。

 

お値段がそれなりにしますが、その分自動化できるのであれば、自分の自由時間を買ったようなものです。

料理していたらストレッチしたりなんてできませんが、昨日は煮物をホットクックに自動調理してもらっている間に、1月半ばから始めた180度開脚ストレッチをしました。

 

キッチンから離れてほかのことができるというのは、長年キッチンに張り付いていた主婦からすると感動ものです。火をつけていると危なくて離れられませんからね。

 

 

ホットクックを買ったら、生活が変わるか?家事は楽になるか?

ホットクックを買ったら、生活が変わるか?家事は楽になるか?

 

1月末に、ホットクックが届きました。

 

ホットクックには、

  • 容量:1.6Lタイプと2.4Lタイプの2種類
  • カラー:ホワイトとレッドの2カラー

があります。

白の方がちょっと人気が高いのかな?メーカー取り寄せとなったので、購入してから2週間くらい経ってから手元に届きました。

 

食べ盛りを迎える子供たちのことを考えて、2.4Lのホワイトを購入しました。色は好みなんですけど、キッチンに赤い家電はなくモノトーン系が多いのでホワイトにしました。

 

ホットクックを選んだ理由

ホットクックが欲しいな~と思ったのは、勝間和代さんのYouTubeを見るようになってから。

暮らしをもっと効率化して、自由な時間を増やして幸せになる。そのために、家事時間を最低限にしよう。

みたいな感じです。

勝間さんは、ホットクックとヘルシオのオーブンレンジを上手に活用して料理をしているそう。

 

 を読んで予備知識を入れてました。

 

もちろん、他の電機料理鍋とも比較しているサイトなどもみました。

値段的には一番高いものの、レシピの種類が圧倒的に多いのがホットクック。

お手入れもしやすいのもいいと判断しました。

しいていうなら、形はあまり好きではありません(笑)

横に飛び出している持ち手の部分、あれはちょっと邪魔かな~と思ったりはしました。

 

私の場合、日常の料理もレシピを検索して作ることがよくあるので、レシピ集って結構使うんです。

f:id:mami-ne:20210202104420j:plain

レシピ集の目次には、レシピがずらり。

これだけのレシピがあれば、数か月のローテーションで料理を作ることも出来ますよね。

慣れてくれば、アレンジもできるようになるからもっと自分好みにできそうです。

 

 

取扱説明書とレシピ集がついてくる!シャープ家電専用アプリも♪

f:id:mami-ne:20210202103429j:plain

左:レシピ集、右:取扱説明書

レシピ集がついてくるのは、ありがたい。しかも説明書と別なのがいいです。

取扱説明書は大体困った時しか見ないから、あとはたまのお手入れの仕方。

 

ちなみに、本体は無線LANに接続できます。

シャープのクラウドサービスと連携すると新しいレシピをダウンロードすることも出来るのだそう。

早速、スマホにアプリを入れてみました。まだまだ、これから使えるようになっていくか…という感じです。

 

 では、実際に届いた時の状況をご紹介します。

 

実際に手元に届くと「ホットクックは結構大きい」と思うサイズ感

f:id:mami-ne:20210202104750j:plain

商品の箱のまま届いたホットクック

ホットクックは、↑に伝票をはった状態で届きました。結構な大きさなので、配送にしてもらってよかったと思いました。しかも、2.4Lなのでそれなりの重さです。

f:id:mami-ne:20210202104944j:plain

箱を開けたら取扱説明書やレシピ集を取り出し…

コードは、本体にくっついていません。これは地味にありがたいかもしれない。コードって地味に邪魔。

次に、置き場所を考えます。固定位置にしようかと思いましたが、コンセントの関係上炊飯器の隣は無理でした。

f:id:mami-ne:20210202105128j:plain

ホットクックと5.5合炊きの炊飯器の大きさ比べ

f:id:mami-ne:20210202105247j:plain

ホットクックと炊飯器と電子レンジを横並びにしてみる

炊飯器は、先月購入した電気ケトルと一緒の電源をつかうと飛んでしまいます。なので、ホットクックも一緒に使うのは無理なのですね。

 

f:id:mami-ne:20210202105439j:plain

圧力なべならぬ「活力なべ」とホットクックの大きさ比べ

活力なべですら、小さいと感じます。活力鍋を今までは使っていましたが、今後はホットクックを使います。20年近く使ったなべ、結構な年季です。

悪くはないけど、利用頻度は少なかったですね。(カレーとかを作る時に使うのがメイン)

 

結局、ホットクックを使うときは、↑の位置が定位置となりそうです。もちろん、内窯を外せるので本体をリビングなどに置いておいてもいいのですけどね。

目につくところにあまりものを置いておきたくない私なので。

 

で、邪魔な時はガス台の下あたりに追いやられると思います。しまい込むものでもないし、活力鍋の場所に収納するには大きすぎました。

 

ホットクックの中を見てみよう♪

f:id:mami-ne:20210202110222j:plain

蒸す用の「蒸しトレイ」

f:id:mami-ne:20210202110323j:plain

内ぶたには「まぜ技ユニット」を付けるようになっています。

f:id:mami-ne:20210202110445j:plain

こんな感じで、自動で混ぜてくれる♪

「まぜ技ユニット」装着の仕方は、最初に説明書を見た方がいいです。きちんとセットしないと、落ちてしまいますので(;'∀')

 

f:id:mami-ne:20210202110550j:plain

内窯は取り外し可能

内窯は取り外しができ、炊飯器の様です。(もちろん、ホットクックでもご飯が炊けます!)

f:id:mami-ne:20210202110645j:plain

目盛

無水調理も出来ますし、スープ類も作れます。

 

f:id:mami-ne:20210202110753j:plain

蒸す時に使える代替品を発見 ※付属品ではありません。

最近は、サツマイモやカボチャなどを炊飯器を使って茹でていました。できれば蒸してうまみを閉じ込めたいので、これからはホットクックに蒸す用のざるを入れて使おうかと思います。※このざるは、活力なべの付属品でした。

 

活力なべの時は、蒸しざるをほとんど使わずに放置。使っても、どれくらいで蒸されているか分からないし、水の量も分からないしで、不便でした。

 

炊飯器は、結構便利だけど、「蒸す」というより「茹でている」感じなので、ホットクックで「蒸し」ます!!

 

さっそく、家にあった大根と鶏もも肉で煮物を作る!

f:id:mami-ne:20210202111613j:plain

メニュー番号56「鶏と大根の煮物」完成!

インスタ映えな写真は撮っておりませんm(__)m

これの凄いのは、水を加えていないのに適度に水分があること。そして、大根に味がしっかりと染み込んでいること!!

下準備は10分足らずでできるので、ホットクックをセットしてからストレッチをしました。でもって、そのあと、ガス台で味噌汁と昆布の炒め煮を作りました。

 

驚くほどに簡単なのに、おいしかったです。大根の大量消費にも使える一品でした♪

 

勝間さんは、「ホットクックのレシピはおいしくない」とおしゃっていましたが、味の好みは人それぞれですので、そこはご容赦くださいませ。

 

さいご

これからは、ホットクックを上手に活用して夕食づくりの時間を短縮したいです。なにぶん、1時間は普通にかかっていたので、もしそれが半分になったとしたら、

 

1週間で3時間半!

1か月で15時間!?

1年で180時間(7.5日)…Σ(・ω・ノ)ノ!

 

と、まぁそのくらいの時間を他のことに使えるかもしれない自動料理鍋なのですね。

1か月で15時間、もし時給1000円で働いたら1万5千円よ。3~4か月働けば元とれちゃうじゃん。

こうやって考えると、忙しい子育て主婦やワーママさんは活用してなんぼだと思いました。

 

時間をお金で買えるなら安いものだと思います。

 

では。

 

子育て主婦なら簡単にできるプチ断食?「リーンゲインズ」を実践。

こんにちは。

 

冬って寒い分体が熱を作ろうとしてカロリーを消費するそうです。なので、本来は痩せやすいそう。でも、痩せないのは動く量が少なかったり、おいしい誘惑に負けちゃったりするからなのかもしれませんね。

 

今まで着ていた服がきつくなるのはショックなこと、今日は子育て主婦ならむしろ取り入れやすいかもしれない「リーンゲインズ」というプチ断食方法について。

これは、私が今年意識して行うダイエット(というか、体重維持)方法です。

 

子育て主婦なら簡単にできるプチ断食?「リーンゲインズ」を実践。

子育て主婦なら簡単にできるプチ断食?「リーンゲインズ」を実践。

 

「リーンゲインズ」とは?

まずリーンゲインズというのが何かと言いますと、プチ断食のようなものです。

これは女性と男性の場合出は違うところがあります。

  • 男性の場合は、約16時間食べない時間を1日のうちで作る
  • 女性の場合は、12時間から14時間 の食べない時間を作る

と言う風になってます。

やはり女性の場合はホルモン周期とかそういうのもあったりして長時間食べないって言うのもそんなに良くはないようなんですね。

12~14時間の間をとって約13時間ということに設定するとすごい大変かも!?っていうふうに思えてくるかもしれないんですけれども、子育て主婦の私の生活スタイルからするとそんなに無理なくできる方法だということが分かったんですね。

 

つまりは、子育て主婦なら割と実践しやすいダイエット方法ではないかと♪

13時間の 断食時間をどうやって作るかと考えると、

例えば夜6時に食事を食べて、朝7時に 食事を食べる という風にすれば約13時間の間隔が空くんですね。 結構小さい子とかがいると夜6時とかに食べることもあるかなって思います。子供を早く寝かせなきゃいけないって思って逆算していくと、夜9時に就寝となったら、夕方6時ぐらいにご飯→お風呂→寝る準備みたいな感じになると割とスムーズなので。

うちは子育てが始まってからだいたいこんな感じのライフスタイルでやってました。

 

ただ、子供を寝かしつけてからも起きている方だと誘惑に負けやすいと思いますので注意が必要ですね(;'∀')

 

私は、朝型タイプなので夜はほとんど子供と一緒に寝てしまいます。

その分、朝は早く起きますが、まだそんなにお腹が空いていなかったりします。(正確には、脳が目覚めていないので空腹を感じない)

特に、食べてばかりの日々が習慣になると朝起きても内臓は疲れを感じていたりします。

過敏性腸症候群の私は、特に朝起きた時の腸の重さを感じやすい。まだまだ腸が十分に休めていないな~とか、最近は身体の声が分かるようになりました。

なので、朝起きてしばらくは、水分補給を中心にして、家族が活動しだす7時まで何も食べないようにしています。

 

夕飯をどれだけ早く済ませられるかがカギ☆ 

最近の反省点としては結構夕飯作るのがどんどん遅くなるというもの。やはり、夕飯をどれだけ早く済ませられるかが、リーンゲインズを続けるカギになっていると思います。

「夕飯作るのめんどくさい、献立は何にしよう」みたいな感じになっていると夕飯作り取り掛かるまでにどんどん遅くなってしまってたのですね。

そうすると夕飯が7時とかになってしまったりするので、リーンゲインズの目安の時間まで朝食を待てなくなってしまうのです。

 

フルタイムの子育て主婦さんですと、夕食を早くするのは難しいかもしれませんね。

リーンゲインズをするなら、夕飯を早く済ませるか、朝食を遅くするかなどライフスタイルを考えて組み立てる必要が出てきます。

 

女性にはいいことづくし⁉リーンゲインズ・プチ断食のメリット

まずは、メリットを上げますね。

  1. 痩せやすい(太りにくい)
  2. 美肌になりやすい
  3. 老化しにくくなる
  4. 食事制限方法ではない
  5. 胃腸を休める
  6. 睡眠の質が上がる

これくらいのメリットが、研究などの結果から得られたそうです。

 

約13時間も胃腸に食べ物を入れないと消化器官結構休むことができるので消化器官の負担も減ってきます。一度に食べられる量はある程度限られているので、カロリー過多にもなりにくいです。むしろ、限られた時間の中で食べるので、質を重視したいところです。たんぱく質をしっかりと摂りつつ、過度の糖質制限などはせずにバランスの良い食事を心がけるのが大切になります。

 

あとは、腸が休めるようになると、体内炎症とかが抑えられたり、血液がサラサラになったりするそうです。体内炎症って結構問題になったりしています。

活性酸素は、老化の原因になる!」って聞いたことがあるかと思います。

活性酸素の一部は、細胞を傷つけます。もちろん、修復する力を人は持っていますが、修復できなかったところが炎症したりします。

老化、病気の原因、肌荒れの原因とかになったりもしてきます。

なので体内炎症が抑えられることによって病気とかにもなりづらくなったりもするんでしょうけれどもやっぱり女性にとっては美肌になりやすくなるってのは1番ありがたいことだなと思います。

 

寝る時間の3時間前に食事を済ませると、寝ている間の胃腸のお仕事による睡眠の妨げをしにくくなってきます。

 

無理なく続けるダイエット方法「リーンゲインズ」

意識してやるのと無意識でやるのとだとやっぱり 時間に対する 意識が違ってきます。

約13時間空けるってなると食後にダラダラ食べいられなくなるんですね 。朝も私5時半ぐらいに起きるのでちょっとずつお腹が空きだすんですけれども7時過ぎまで食べないって決めておけば、朝食前につまみ食いとかも我慢できるようになるかなという感じです。

 個人的には、夕食後の我慢よりも朝食前の我慢の方が楽だと思っています。

一日の終わりは疲れているため、思考力も自制心も緩むので我慢が難しくなるんです。

 

あまり無理してがんばんなきゃいけないっていうようなダイエットとか健康方法とかだと続けられないんですよね。あんまり無理しなくても続けられる方法をっていうのを見つけて続けていくってのが健康を維持するためにも大切なことなんだろうなと思っています。

 

まとめ

リーンゲインズは、男性は16時間の断食(可食時間が8時間)なのでちょっと大変かなっていう気もするんですが、女性は無理なくできるんじゃないかなと思う方法です。

ダイエットとは言わないまでも、体重が増えないようにしたいと意識するんだったらやってみてもいい方法になるかと思います。

そうは言っても、人によって合う合わないはあります。もし、体に合わないようでしたらやらないでくださいね。 

 

私は、カロリーコントロール法とかよりもよっぽど簡単なので、今年は続けてみて経過をみていきたいです♪

変わりたいと思うなら一番にやるべきが「食事を変えること」。「食べる投資」を読んでの感想

こんにちは。

 

よく「人生を変えたい」と思うなら、「食事・睡眠・運動」を意識して改善していくといいと言われます。

 

一方で、人はそれぞれに遺伝子も生活環境も違います。なので、一つの健康法が万人にとっての正しい健康法ではない場合も大いにあります。

 

自分に合う健康法が何かは、結局はあれこれと試行錯誤しながら見つけていかないといけないということですね。

 

私は、そのために本を読みます。日進月歩の医学と同様に健康法も人体に関する新しい発見によってアップデートされて行きます。

 

ということで、今回は満尾正氏著「食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~」を読んでの感想です。

 

変わりたいと思うなら一番にやるべきが「食事を変えること」。「食べる投資」を読んでの感想 


食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~

 

まず、自分を変えたいと思うなら一番優先的に変えないといけないのが「食事」です。食事はただお腹を満たすだけのモノではありません。

身体は食事によってできているし、脳も食事にコントロールされています。

身体によくない食べ方は、太るし、肌が荒れたり、老化したり、キレやすくなったり、病気の原因になります。

食事は腸内環境にも影響を与え、そこから脳に影響を与えます。(もちろん、脳が腸に影響を与えることもあります。)

 

なので、「食事を変えること」ってすごく大事なことなのですよ。本当は若いころから気を付けた方がいいけど、健康なうちは気を付けないものですよね…

 

こうゆうところは、心配性の人の方が早め早めの対策をとるからいいのかもしれませんね。

 

最近の書籍にタイトルに多いなと思うもの…(つまらぬ愚痴?)

「ハーバードが」「スタンフォード式」「シリコンバレー式」とか、そうゆうのをよく見かけるな…

東大といってもあまり響かなくなってきたのか?

言ったこともないような地であるものの、シリコンバレーなどはIT系の聖地のような存在で、富裕層が多く、頭キレキレのエリートが沢山いるようなイメージ。

 

やっぱり憧れからついつい手に取りたくなるものなのか?

 

かく言う私も、ついつい手にとって読んでしまっているわけだ…(だからと言って、ただの主婦がエリートになれるわけでもあるまいに)

 

気を付けなければならないのは、「シリコンバレー」とかいい響きを付けた割に中身がない書籍。そうゆうのに当たって信じてしまったら辛いですね。そのためにも、いろんな本を読み漁ったり、参考文献の程度を見たりするのがいいです。あと、文章がその人の主観で書かれているのか、客観的データがどの程度盛り込まれたうえでの展開なのか。

 

食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~」の感想

「食べる」ことがなんで投資なんだって思いますよね?そもそも日本人は「投資」という概念がそんなにない気もします。

 

投資にはリスクがつきものと言われますが、「食べる投資」については、リスクよりもメリットの方がはるかに大きい。リスクは何だ?

 

リスクは、一応上げるなら「お金がかかること」かもしれません。食事に気を遣えば、激安な炭水化物を買うことは無くなります。パスタのバカ食いもしないし、簡単に買える揚げ物も買わなくなります。

でも一方で、長い目で見れば太ることによるリスクを減らせる予防医学ということになります。病気になってからの痛みや治療費、通院時間を考えたら、結局は安いかもしれません。

 

本自体は悪くないけど、著者は諸所にうちの病院に来て検診を受けるといいよと薦めています。なので、この書籍の半分は営業活動のようにとらえています。

 

そりゃー、この本を読んだら「アンチエイジングドッグ」を受けてみたいなという興味も沸きます。

ちなみに、アンチエイジングドッグは154,000円(税込)かかるそうです。

参照:https://www.drmitsuo.com/clinic-work/

(数万円かと思いきや調べたら…この価格にビックリしつつ、去年、私の父がうん十万するらしいドッグを受けていたのを思い出しました。うん、行きたい方はどうぞ。)

 

私も、もう少し年を重ねたら高額な人間ドッグに行くようになるのかもしれません…( ;∀;)

 

食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~」のいいなと思う部分をピックアップ

アンチエイジングドッグを受けなきゃ意味がないというわけではないです。

ドッグは、今の状態を知るものであり、結局は自分の食事を変えないことには何も変わりません!

 

ということで、ここは覚えておいて取り入れたいなと思うところ

サプリメントビタミンDマグネシウムを補給する

去年はプロバイオティクスを取り入れてみましたが、効果を感じられませんでした。プロバイオティクスにもいろいろな種類があるので、自分に合うものを見つけなきゃ意味ないようです。

次なる健康オタクの私の取り組みが、ビタミンDをサプリで摂ること。

免疫力を高めるためにもビタミンDを摂った方がいいと言われています。特に冬場は日照時間も少ないし、寒くて散歩も行きたくないし…

というわけで購入したのが

 

色々とミックスされたものもありますが、初めてなので一応ビタミンDのみのもの。

油と一緒に取る方が吸収がよいそう。

これも、次はまた別のを買うかもしれません。

 

また、マグネシウムも足りなくなりやすいミネラルの一つと言われています。

私の場合、足がつることはないですが、母が骨粗しょう症なので気にかけておいた方がいい気はします。

 

本来は食事で取れればいいものですが、無理ならサプリとしてとるのも選択肢として考えておきたいです。

 

ココナッツオイルの常備

去年試したココナッツオイル。悪くはないけど、常備油としては冬場に固まるのが気に入らなかったです。ただ、甘い風味で子供たちには好評な油でした。

炒め物には、EVオリーブオイルを使いますが、中華系にはごま油。

ゴマ油よりもココナッツオイルの方がよいようなので、油の選択肢として候補に挙げてもイイかなと思いました。せっかくなので、東南アジア風のレシピを増やしてもいいかもしれませんね。

 

それ以外は、結構私は実践していることでした。

甘い飲料を飲まない、トランス脂肪酸に気を付けるなど…

 

さいご

表紙は、結構盛っている感があります。もちろん、変に偏った考えが書かれているわけでもなく、一般の方が知って取り入れやすいことが書かれています。

 

「食べる投資」だけでなく、「食べない投資」を取り入れるのがポイントです。

 健康意識が高い分、大体は「そうだよね~」と思いながら読める文章、健康に関しての再認識をしている感じです。

健康意識の低い人なら、もっと学びが多いかもしれません。とりあえず、腹にたまる食事を作ればいいと思っているシュフさんは一度読んでみてもいいかもしれない。家族のパフォーマンスのためにも。

 

まずは、食べていいものと食べない方がいいものを見分けて、「食べないもの」を家からなくしていくことがいちばんかな。

それだけでも、一歩成長な気がします。

 

【賢く時間を節約する方法】 やかんでお湯が沸くのを 待っている時間が もったいない

こんにちは、マミーネの松山です。

 

週末にですね電気ケトルを買いました。

はい、ということで今日は火を使う家事を手放すことで生まれた時間で、 少しずつ自分にできることを始めていこうと言うお話をしようと思います。

 【賢く時間を節約する方法】 やかんでお湯が沸くのを 待っている時間が もったいない

【賢く時間を節約する方法】 やかんでお湯が沸くのを 待っている時間が もったいない

 

朝起きたらすぐにお湯を沸かします。そのために、もうかれこれ10年以上ずっとやかんを使っていました。これを止めたんです。

 

<やかんを使うのをやめた理由>

  1. 火を使うので、キッチンから離れると危ない
  2. しかも、つい離れるとその間に沸騰しまくっていることもある
  3. 沸かしていることさえも忘れてしまうこともある
  4. 子供が使うのはやけどの可能性もあり危険
  5. 沸くまでに時間がかかる
  6. どのくらい水量を入れたか分からない
  7. 沸くまで待っている時間が、無駄と感じることがある
  8. どうでもいいスマホのチェックに時間を使ってしまう

 

思いつくもので8個も理由がありました。やかんを使うデメリットにもなります。

 

電気ケトルを使って気づいたメリット>

  1. 火を使わず、沸いたら自動で止まってくれる
  2. 子供でも操作できる
  3. 沸くまでの時間も短い
  4. 水量のメモリも付いている
  5. 沸くまでの間に、他の部屋に行っていても大丈夫
  6. コンセントのあるところならOK、キッチンでなくても使用できる

特に今のコロナ禍ですと、例えば新型コロナに家族がなった時にどうしても自宅療養になったらその人を隔離しないといけなくなってしまう可能性も出てきます。そうした時にお湯を沸かしにキッチンに来るのも難しいです。いちいちその部屋との行き来を増やすっていうのはリスクも高まってくると思います。なのでもうそっちの部屋はそっちの部屋でお湯を沸かす。水なんてペットボトルのお水とかがあれば、それを沸かせばいいわけでわざわざキッチンにお水を汲みに来る必要もなくなるじゃないですか。

というのを考えると 結構電気ケトルいいかもしれないっていう答えになりました。

 

ミニマリストな私が物を買うときのルール

私はミニマリストとしてやっぱり今年も物を減らして生活を最適化して行きたいと考えています。けれどもただ「何でもかんでも物を減らす」ということをすると逆に生活が不便になってしまうこともあったりするんですね。

例えば、やかんはなくても鍋でお湯を沸かすことも出来ます。でも、それってそんなにメリットは多くはないと思います。

 

要は自分の手間を増やすような捨て方はしたくなく、自分の手間を減らしてくれる物の変え方だったらいいと思っています。

買っていいものとして 「時間を増やすもの」というのは買っていいというのがお買い物ルールの中の1つにあります。

 

ただ一方で、今までやかんはガスコンロにずっと置きっぱなしみたいな感じにもう1年中なってたんですけれども、電気ケトルにしたらやっぱ置く場所っていうのがまだ決められていないのでこれを一体どこに置こうかっていうのが今の問題ですね。

本当は、居場所を作ってから買った方がいいです。

 

お金よりも時間の節約が主婦には大切! 

家事って言うほどじゃないんですけれども、お湯を沸かすっていうこと1つをとっても ちょっと時間を節約することってできてくるんですね。お金を節約するっていうこともいいかもしれないんですけれども、それ以上に時間を節約するっていうのも大事と思います。

主婦って結構やることいっぱいあるわりに、利益を出すような仕事と違うからなかなか効率化がされないです。子育てとかお仕事とかしてるとめちゃめちゃ忙しいので1個1個の時間を見直しかけていくと実は一日に1時間ぐらいの自分作れてしまう可能性もあったりします。できた時間を自分のメンテナンスとか自己成長のために当てることができればやっぱりもっと日々の生活が充実してくると思います。

5分家事を減らして、その分、筋トレやストレッチをするだけでも身体の変化が1年後には出ています。毎日5分も1年では30時間にもなります。小さな積み重ねで自分を変えていきたいですね。